記事検索
 

2009年07月29日

iPhone買ってみた

随分話題にならなくなったiPhoneにいまさら機種変更してみた。いまさらといっても3GSなので最新なのだけど、日本ではあまり人気のない印象。ジャンルとしてはスマートフォンとかいう部類に入るらしい。一月ほど使ってみた印象はとにかくパワフルな端末だということ。今まで使っていた携帯がエクシリム携帯であって、カメラ機能以外は超平凡なものであったということも影響しているのかもしれないが、なんというか感動しっぱなしで、毎度のことながら携帯の進歩には驚くばかりだ。

よくiPhoneに対しての評価で、もはや携帯というよりはパソコンというような類の言葉を耳にするのだけど、その意味がようやくわかった。iPhoneは簡易のパソコンであって、そこに携帯電話の機能としてのメールと電話をつけたもので、むしろ携帯としての機能は足りていない。というか、細部がいろいろツメが甘いなという印象。やはり細部にこだわるというのはメイドインジャパンの強みなのだなと改めて思う。特にメール機能に関しては日本の携帯で一般的に搭載されているものの多くがない。パソコンと連携させることである程度補うことはできるが、いくらか許容することは必要になる。さらにiPhoneを満足に利用するにはパソコンの利用が必須であり、パソコンがなければ、初期設定もままならない。そういう意味では、いまだにどことなくパソコンが敬遠され、苦手なことが美徳とされる傾向のある日本では受け入れられ難いのかもしれない。関係ない話だけど、これだけパソコンが使えない先進国って他にあるんだろうか。社会人にもなってろくにパソコン触れないのは、恥ずべきことであるはずじゃないか。この傾向は日本の発展を妨げる原因の一つだと思う。

それは良いとして。iPhoneのパワーは想像を遥かに超えたもので、iPhoneをもっている人と一般的な携帯電話を使用している人では、人生に差がつくんじゃないかとまで思わせられる。iPhoneは本当に簡易のパソコンであり、それは操作している間iPhoneの背面がほんのりあたたかいことからも実感させてくれる。それが提供してくれる情報量というのは、恐らくもっていない人には想像もつかないものだと思う。

私はまずiPhoneの処理能力の高さに驚いた。プレステ程度のグラフィックのゲームならば動かすことができ、解像度の高い画像の回覧もとにかく早い。なにかに対して待たされ、ストレスを感じる、ということが一切ない。さらにタッチパネルならではの画期的な文字の入力方法により、文字入力が非常に早い。具体的には、配置は携帯と同じテンキーだが、各ボタンを取り囲むように四方向にその行の残り部分が隠れて配置されているため、どの文字にも一発でアクセスできる。例えば『あ』であれば、左に『い』、上に『う』、右に『え』、下に『お』というぐあいである。『お』にアクセスしたければ、『あ』に指を置き、下にスライドさせる。この動作で一瞬で入力できるのである。

この二つの快適さを軸とし、iPhone搭載のGPSとパケ放題前提の構成が、一部ではパソコンをも上回るような検索能力を発揮する。例えば自分が現在いる場所から最も近いガソリンスタンドや喫茶店が簡単に調べられる。フルブラウザのブラウジングは制限がほとんど無く、画面が小さいこと以外は、パソコンと同じ検索能力を発揮してくれる。外出中なにか困った際、家に帰れば調べられるのに、という思いはもうしなくて良いことになる。日々増え続けるアプリで次々とあらたな機能を増やすことだってできてしまう。その他にはiPhoneとして当然の動画回覧機能と、快適な音楽機能がある。しかもこれら全ての機能に対して、本当に簡単にアクセスできてしまう。全く手間にならず、会話しながら、相手に不快な印象をもたれる前に検索してしまえるのだ。

なぜiPhoneを買わないのか。私の場合はiPhoneが一体どんなものなのかよくわかっていなかった。どうせ多機能なだけの携帯電話というイメージであり、常にインターネットに接続されていることが前提である構成がここまで画期的なものだとは思わなかった。今までの携帯はインターネットをするにもパケ代の不安が常に邪魔をしていた。例えパケ放題にしているからといって、携帯自体はパケ放題ではない人が使えるよう構成されたものだった。iPhoneは違う。大胆にもパケ放題を前提とした。そのお陰でGoogleマップを標準搭載でき、多くの機能がためらいもなくインターネットに繋がることで、より多くの情報を得られるようになった。私は一人での外食中など暇つぶしで携帯電話を触ることが多いが、iPhoneにしてからは、食べ終わってからもiPhoneのために店にいすわることが増えてしまった。iPhoneはもう暇つぶしの枠を超えて、iPhone事態が主な目的の一つへと変化してしまったのだ。少々お高くはあるが、月々7600円でこの経験ができるのだ。一度自分の携帯代を見直してみて欲しい。月々数千円の追加で済むのならiPhoneにしない手は無い。

ちなみに実はこの日記もiPhoneで書き、iPhoneで投稿してみた。十分入力できる範囲だが、流石にこれだけの長文はパソコンの方が良い。50分かかった。
posted by 豚 at 20:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

スプリンターセルコンヴィクション

先日日本での発売が発表されたスプリンターセルコンヴィクションが凄い。



少し前のことになるが、映画の三部作ブームがあった。
スパイダーマンやロードオブザリング、マトリックスなどである。
ゲームと映画の大きな違いの一つに続編作りの難易度の違いがあるのではないか。
ゲームの場合極端な話、前作の不満点を改良し、ボリュームを増やすだけで
前作を上回る面白さの作品が出来ることが多い。
映画はそうはいかない。
ボリューム的には前作と全く同じ二時間という枠。
観客から指摘される不満点も漠然としたものになりがちで
具体的に何を変えればうまくいくという基準もない。
全体のバランスを考慮して作られた脚本を簡単に変えるわけにもいかない。
そんなストーリーと構成勝負な映画は続編作りが難しい。
それを証明するかのように、映画の続編の多くはつまらないものになる。
例外として私が記憶するものもターミネーター2やダークナイトぐらいである。
そんな環境の中、三部作構成の映画の続編二つが前作と同じ
もしくは上回るクオリティを保つというのは大博打なのである。
その唯一の例外としてボーンシリーズを残して、三部作作品はことごとく失敗したようにおもう。

さてこの前フリは今考えると全くの労力の無駄遣いとなってしまっているのだけど
ボーンシリーズというのは現代を舞台にした素晴らしいスパイ物であり
記憶を失った凄腕スパイが単身組織に復讐するというものである。
映画中の主人公は現代の情報社会のシステムを逆手にとって
組織を追い詰めていくのだけど、元凄腕スパイというだけあって
なにからなにまで無駄がない。
特に一瞬で相手を戦闘不能に陥れる格闘シーンはかっこよく
その動きから雰囲気から設定までスプリンターセルコンヴィクションに酷似している。
ちなみにボーンシリーズは一作目からボーンアイデンティティー、ボーンスプレマシー
ボーンアルティメイタムと続くので、未見の方がいればぜひ一作目を試しにどうぞ。
他にもボーンシリーズの売りとして、毎回車をズタズタにする激しいカーチェイスがあり
他の映画のカーチェイスよりも1 対 多の必死さが出ているんじゃないかと思うので
その部分にも注目してみてください。

で、コンヴィクション。
実は私はこれまでのスプリンターセルは嫌いな部類の作品で
リアリティとはいうけれど、実感のない小難しいストーリーや
一本のレールの上をただ進むかのようなミッションの単調さが原因のように感じる
特にそのミッションに関しては欠点のオンパレードだと思う。
道は細く、一本道であり、分岐といえるような分岐もない。
道が細いというのは致命的で、一本道の中でも動き回ることもできず全く自由が無い。
多くのアクションが用意されているが
多くのアクションの使用を選択する機会もほとんどない。
そこに鉄パイプがあるならば上るしか進む方法は無いし
ワイヤーがあればぶら下がって滑るしかない。
プレーヤーがアクションを使用するかどうかの選択の余地は乏しく
アクションの数を宣伝文句の一つにもしているが、期待はずれもいいところである。
実際にプレーヤーがすることといえば、音を立てずに移動するだけで
プレーヤーが選択できるのは、単調なアクションにより
敵兵をスルーするか、殺すか、気絶させるかだけであるといっても過言ではない。
もうがちがちに固められた、全く遊びのないゲームであり、既に作業の感覚に近い。
これはつまりゲームをプレイしているというよりは、させられている感覚が強く
素材自体はいいのに、非常にもったいない作品でもあるように思っていた。

しかしコンヴィクションは前作までとは大きく変化した。
ストーリーは至って単純明快だ。
娘を殺した組織への復讐。その大筋があれば誰もが共感できる。
今回は1対多のシチューエーションが多くなり、いかに敵を効率よく無力化するか
という点でアクティブなアクションが求められるようになった。
今までが待ちの潜入なら、今回は攻めの潜入である。
気づかれないための潜入ではなく
すばやく目標に到達することを目的としており
非常に攻撃的な潜入となっている。
(※ただしこれは今回の動画をアピールするための可能性もあります)
レインボーシックスで使われていたマーキングのようなシステムや
アサシンズクリードのようにインタラクティブに背景に干渉することによる潜入方法が
組み合わせられ、非常に期待できるものになっている。
マップも広大な箱庭型になっており
私が不満に感じていた部分が改善されているんじゃないかと期待している。
ともかくまだ見ていない人は動画を見て欲しい。
posted by 豚 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

すごいぞ!FF13!

最近はよくインターネットで情報を仕入れてるんだけど
一年ほど前からゲーム情報をあまり仕入れていなかったので
タイムスリップしたような感覚に襲われる。

もうフォルツァは3なんだ、とかPGR4は結構前に出てることなど。
XBOXメインなので海外勢の情報が多かったのだけど
FF13が今年の発売を予定されているというのは皆さんご存知だろうか。
ついこないだ12が出た感覚で、13なんてのは発売が発表されているだけで
まだ2,3年くらいは先なんじゃなかろうかと思っていた。
実は公式サイトもちゃんとあって、立派なトレーラーも公開されている。
これは是非皆さんにも見ていただきたい。

FFに関しては毎度毎度同じようなことを言うけど、トレーラーのパワーが凄い。
それだけでプレイしたいと思わせるのは構成の妙なのか作品の力なのか。
多くの和製RPGのトレーラーの場合
キャラクターのセリフや演出に耐えられなくなって
途中で見るのを止めることが多い。
FFは違う。
まるで映画の予告編のように、違和感なく見れる。
圧倒的なリアリティと真に迫る感覚が凄い。
しかも私だけだろうか、すごい求心力を感じる。
これは私のようにRPGに疎い人やライトユーザーに対しても
アピールできるということで、やはりFFは強いなぁと思う次第。
これでPS3が爆発したりしたら面白い。
けどひょっとするんじゃないかと思わせてくれるほどの力があるように思う。
私はPS3欲しいと思ってしまった。
XBOX360での海外発売は決まってるみたいだけど
国内でもなんとか出ないだろうか。
posted by 豚 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。