記事検索
 

2005年03月28日

サブマシンガン

サブマシンガン.bmp
■武器解説
ほとんどのマップで開始時や復活時に
所持しているデフォルトの武器。
打ち続ける間は反動によって狙いが少しずつ上にずれる為
満足に使えるようになるにはちょっとした慣れが必要。
短時間で多量の弾を放つことが出来るが
弾が拡散するため、相手から離れるほどに効果は薄くなる。
パッチ後に弾の拡散率が上がり、距離が離れると更に不利に。
更にトリガーを引きっぱなしにしていると、同じ距離でも
時間と共に弾の広がりが大きくなるため
一定時間ごとにトリガーを引き直すと効果的。
尚、被弾範囲の大きい胸の辺りが狙い目。

【メリット】
避けられにくい
【デメリット】
中距離以降に極端に弱い
ダメージが低い

【使用法】
復活したらまず武器を探しに行こう。
この武器一丁では無傷の相手の二丁に勝つことは難しいため
相手に見つけられたらとりあえず逃げることを勧める。
戦う場合は場合はメインをグレネードで
SMGは添えるくらいがいい。
表を見ても、基本的に先にアクションをしようが後にしようが
グレネード以外は変わらない。
といっても、近距離でのグレネードは当てづらいため
投げるなら先がいい。

【二丁拳銃】
ニドラー以外なら、どれと組み合わせてもある程度は使える。
中でもずば抜けているのはプラズマライフルとの組み合わせで
こちらのダメージを考えなければリロードを全くせずに
二人相手することが出来る。
例えSMGをリロードしているときでも
プラズマライフルは撃ち続けることが出来
プラズマライフル単体でも、相手に4発当てれば
後は殴るだけで倒せるなど非常に強力な二丁となる。
プラズマガンでは、相手に当てることが出来ても
SMGの集団率の低さから距離が開いていると止めが刺せなくなる。
距離に応じてプラズマガンを捨て、グレネードに切り替えよう。
そこらじゅうに落ちているSMGは苦肉の策として
一応拾っておくといいが、二丁に縛られずいつでもグレネードを
投げれるように心の準備をしておくといい。
弱体化したものの、中距離まで対応出来る
ハンドガンとの組み合わせも悪くない。
この場合リロードのタイミングに注意したい。

【対処法】
一丁では、非常に避け辛いが、ダメージも低いため
何も考えずに正面から潰してしまうといい。
しかし気を抜くとグレネードで大ダメージを与えられて
あっけなく止めを刺されることがあるので
グレネードだけには注意する必要がある。
二丁ではプラズマライフルとの組み合わせが脅威となる。
ある程度距離があるなら、下がることでSMGの脅威を減らし
グレネードなどで牽制したい。
近ければ、対処しようとしても逃げる暇も無く倒されてしまう。
レーダーをよく見て、距離が開いた状態で相手を発見したい。
posted by 豚 at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 武器攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月22日

武器別攻撃力データ表

このデータはタイムラグの全くない環境で
なおかつすべての弾丸が当たった場合のデータです。
■ヘッドショットはしていません
■ソードはロックオンしていません
■グレネードは零距離に置きました
■ロケットランチャーは着弾した時のデータです
■プラズマガンはチャージしていません
■バトルライフルは一度の三発を一発としています

表の見方

【Shield】
通常状態のシールドを削りきるのに必要な弾数
【Life】
満タンの体力を削りきるのに必要な弾数
【OverS】
一撃でシールドを削りきる武器に限り
オーバーシールドではどれだけ削れるか目測で図ったもの
【PG換算】
一撃でシールドを削りきるが体力は削りきらない武器に限り
体力部分にはどれだけのダメージがあるかを
プラズマガンの弾数で換算したもの

パッチ後武器データ.bmp

※1 爆発した場合を除く
※2 OverSのみにロックオン時のダメージとなっている
※3 付着した場合を除く

これから入る武器別攻略では
更に多くの状況に対応した詳細なデータを載せる予定です。

---ver1.1変更点解説---

何より大きいのはハンドガンの大幅弱体化。
以前のシールド9発ライフ6発と比べても差は歴然。
戦い方を考え直さざるを得ない変更点になっている。

次にP,Fともにグレネードの強化。
特にPは爆発までの時間も短くなり威力も約二倍。
一発逆転も十分狙える強力な武器となった。
Pの特徴としてバウンドしないので
逃げるときや牽制、同時死も狙いやくすなり
状況に合わせてFグレと使い分ける価値のある良いバランスに。
ゲーム中ではデフォルトはFグレになっているので
Pグレの使用前は変更しておくことをお忘れなく。
Fは爆発までの時間が若干短くなり、ダメージもPガン4発分アップ。
P,F共に爆発の範囲が以前より大きくなり、当てやすくはなったものの
巻き添えを負い安くなったので注意が必要。

他の武器はダメージに関しては以前と変わりない。
posted by 豚 at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 武器攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

距離の概念

とりあえず距離の概念を決めておかないと判断しにくくなるわけで。
私は距離を四つの
零距離、近距離、中距離、遠距離に分けます。
さらに、最小は出来るだけ近く。
最大は出来るだけ遠くという意味を表します。
例:最小中距離 
近距離と中距離の分かれ目より
ほんの少し中距離寄り。

■零距離
触れるぐらい近く
■近距離
零距離からソードのロックオンが出来る距離
■中距離
ソードのロックオンが出来なくなる距離から
SMGでロックオンが出来る距離
■遠距離
SMGでロックオンできなくなる距離から
バトルライフルでロックオンできる距離。

予断としてレーダーは最大中距離からもう少しの範囲を表示しています。
posted by 豚 at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 武器攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。