記事検索
 

2005年06月04日

プラズマライフル

プラズマライフル.bmp
オーバーヒート 26発
必要最低段数 18発
■武器解説
最も持久力の高い武器。
弾切れすることはめったに無く、更にオーバーヒートもしにくい。
撃ち始めにエネルギーを多く使い、発射し続けることで
エネルギー使用効率が良くなり節約することが出来る。
ライフを削りきることは難しく、その代わりに
シールドはいとも簡単に削りきってしまう。
二丁拳銃にするなら人類の武器と組み合わせることが理想。
しかし人類の武器と違い弾速が遅く、距離が離れるほど当てにくい。
故にハンドガンなど、直線的な武器と共には使いにくくなる。
さらにSMGと同じでトリガーを引きっぱなしにしていると
時間と共に弾が拡散していくので、一定時間ごとに
トリガーを引きなおすといい。

【メリット】
弾切れしない。リロードが必要ない。
シールドが削りやすい。
【デメリット】
離れるほど不利に。

【使用法】
ライフを削ることを苦手とするので、武器でシールドを削った後に
殴るなりグレネードなりで止めを刺すのが理想。
特に4発撃つだけで殴れば倒せる点を意識し
一丁で使用する場合はすぐに相手を殴るようにするといい。
もしも始めに「撃つ」以外のアクションを起こしてしまった場合は
そこから撃つことを考えずそのままアクションを続けよう。

【二丁拳銃】
SMGとの組み合わせがもっとも一般的で強い。
こちらのダメージを考えなければリロードを全くせずに
二人なら相手にすることが出来る。
例えSMGをリロードしているときでも
プラズマライフルは撃ち続けることが出来
プラズマライフル単体でも、相手に4発当てれば
後は殴るだけで倒せるなど非常に強力な二丁となる。
SMGはデフォルトで多く、プラズマライフルは多くのマップで
出現時間が短いのでプラズマライフルを取るなら
SMGと組み合わせるといい。

【対処法】
この武器を一丁で持つ機会があるとすればMidshipとなる。
こちらの武器がプラズマライフルでなければ
殴られないように下がりながら倒してしまうといいが
こちらの武器がプラズマライフルなら、数が多いほうが有利だ。
こちらが二丁なら殴られないように避けながら倒すといい。
こちらが一丁なら逆にとにかく殴るか
Pグレを使い、展開を少しでも有利にしたい
二丁ではSMGとの組み合わせが脅威となる。
ある程度距離があるなら、下がることでSMGの脅威を減らし
グレネードなどで牽制したい。
近ければ、対処しようとしても逃げる暇も無く倒されてしまう。
レーダーをよく見て、距離が開いた状態で相手を発見したい。
posted by 豚 at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 武器攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月31日

ハンドガン

ヘッドショットが前提
ハンドガン.bmp
総弾数 36発
装填段数 12発
最低必要段数 13発
■武器解説
二丁持つことが出来、ヘッドショット判定のある唯一の武器。
パッチ前まではSMGとセットで頻繁に使われていたものの
パッチ後は使っている人をあまり見かけなくなったハンドガン。
具体的には9発で削れたシールドが、今では13発必要となり
使用してみても明らかな弱体化が実感できる。
装填段数は12発で、一丁での使用となると
ヘッドショットを狙うにしてもリロードが必須となる。
それを補える訳ではないが、全武器の中でリロードは最も早い。

【メリット】
発射密度が高く、中距離までなら全武器中
最もヘッドショットを狙いやすい。
【デメリット】
攻撃力が極端に低い。装填数が少ない。

【使用法】
基本的に攻撃力の低くなったハンドガンだが
ヘッドショット判定は健在で、表を見てもらうと
先に相手を殴るなりグレネードを浴びせるなりすると
発射密度もあいまって、ヘッドショットであっさり倒せる。
ただし、はじめにグレネードなどが失敗し
相手にダメージが入らなければ、ここは思い切り良く逃げよう。

【二丁拳銃】
SMGやプラズマガンと組み合わせがメジャー。
SMGとは、威力が低くなったもののまだまだ実用的。
一人倒すためのハンドガンの段数はあまり余裕が無く
無駄撃ちをしてしまうとすぐにリロードになってしまい
その間にやられる危険性が高まるので
あまり当たっていない場合は深追いしない方が良い。
さらに一人倒す度にリロードをしなければいけないので
飛び出すなら状況を見て、自分の後に敵がこないようにしたい。
プラズマガンとは、パッチ後に若干当てにくくなってしまったものの
エネルギー弾を当てた後にヘッドショットで瞬殺出来
距離が近ければエネルギー弾を当てた後に
一発殴る事で倒すことが出来る。
距離が離れると集団率の低さから頭に当たらないので
すぐに武器を捨て、グレネードを投げるなりしよう。
間違っても今の威力のハンドガンを二丁にはしない方がいい。

【対処法】
SMGとハンドガンの組み合わせは、近距離で畳み掛けられる前に
相手を発見することが大切。
装填段数が少ないので、相手にできるだけ無駄弾を撃たせると
すぐにリロードになるので、そこを狙うのもいい。
プラズマガンのためうちを受けた場合、ヘッドショットの
判定を小さくするため、思い切って相手に背中を向け
曲がり角まで逃げたほうが良い。
相手には近距離なら殴り、中距離ならヘッドショット
遠距離ならグレネードといくらでも選択肢があるので
とにかく曲がり角まで逃げてシールドの回復を優先させよう。
その後グレネードで牽制し、逃げるなり反撃するなりするといい。
一丁の場合でも、相手にグレネードを当てられた時は
反撃は考えず、とにかく背中を向けたほうがいい。
グレネードさえ当たらなければ、相手に殴られない距離を保ちつつ
畳み掛けてしまうといい。
posted by 豚 at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 武器攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月28日

バトルライフル

この表は一度の3発を全弾当てたヘッドショットが前提にある。
バトルライフルデータ.bmp
総弾数 108発
装填段数 36発
最低必要段数 12発

■武器解説
パッチ後に多くのマップでデフォルトになるなど
今では避けて通れない武器となったバトルライフル。
ヘッドショット出来ることが前提にあるため
ヘッドショットが出来ないとつらいダメージとなっている。
重要なのは最後の一発なので、それまでは非断面積の広い
胸あたりを狙い、全弾当てることが重要。
全弾あてればトリガーを4回引くだけで相手を倒すことが出来る。
最低でもトリガーを5回引くことで倒したい。
シールドを削ればこっちのものなので
Pガンや、グレネードの使用、出会い頭に一度殴るなどして
出来る限り相手より早くシールドを削りたい。

【メリット】
距離によるダメージの変化が無いので離れるだけ有利に。
スナイパーライフルと違い一発のダメージが細かいので
ミスをしても楽に修正が出来る。
【デメリット】
近づくほど頭を狙いにくくなり
受けるであろうダメージを考えても不利になる。

【使用法】
狙いやすさ、ダメージの受けにくさを考えて中距離から遠距離が
この武器にとって一番良い距離となる。
理想としては、中距離以降で効果範囲が拡大したグレネードを使い
一気にシールドを削りきり頭に撃ち込んで倒す。
表から。
どうしても近距離になってしまった場合は
出会い頭に一発殴れば、トリガーを一度引いた3発を
頭に全弾打ち込むことで相手を倒せる。
この時は少しでも下がりながら確実に頭を狙えるようにしたい。
反対に距離的に逃げ切れないなら接近しながら3度打ち込み
走りながら殴ることで相手を倒すことが出来る。

【対処法】
相手にとって狙いやすい直線的な地形は圧倒的に不利となる。
相手が中距離以降ならまずグレネード使用したほうが良い。
この時、出来るだけ手前で爆発を起こさせ
一瞬でも相手の視界を遮断し、相手が怯んだ隙に
今まで見えていた位置から、こちらの頭の位置が
予想出来ない位置に移動することが大切。
横移動だけでなくジャンプなどして高さをずらすといい。
この武器と戦うにあたって、シールドの下のライフは関係なく
事前にグレネードなどで少しでもシールドが傷ついた場合は
グレネードなどを投げつつ退くことをお勧めする。
posted by 豚 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 武器攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。