記事検索
 

2006年02月02日

ショットガン

ショットガン

総弾数 12
装填弾数 36
最低必要弾数 1
■武器解説
ソードと並ぶ接近戦専用武器。
装填段数は12発と少なくは見えるが
一撃で相手を倒すことも出来る威力の前では
リロードを気にすることはほとんど無い。
ソードと比べるとリロード面や確実性で劣るものの
攻撃した後の隙が少なく敵を連続で捌き易い。
更に自ら光を放つソードと違い暗闇で目立つことは無く
中距離でも僅かながらダメージを与える事が出来る。
接近戦に特化した訳でもなく限定的でもないので
悪く言えば中途半端な、良く言うと柔軟な武器と言える。
ソードと違い武器交換時特有の音を消すことが出来るので
音で気付かれることは無くその面では待ち伏せに向いている。
ラグにかなり影響されやすい武器でもあるので
日本在住なら二つから選べる場合は迷わずソードを選ぼう。

【メリット】
リロードが必要無い
【デメリット】
中距離以降に極端に弱い

■使用法
近接戦が理想となる。
普段は第二武器として隠しておき
敵が接近してきたときや待ち伏せるときに切り替えよう。
広い地形や長い直線を苦手とし、距離を開けられると
ダメージ効率で負けてしまうので、倒し損じても深追いはせず
いつでも隠れることが出来るような地形を選びたい。
奇襲で大きなダメージを与えた後に
距離を開けられた場合はしつこくショットガンを使い続けず
SMGでも良いので第二武器に切り替えた方が倒し易い。
第二武器が頼りない場合は曲がり角の多く、道の細い様な
ショットガンに適した地形を動き続けるのも一つの策。
オンラインではラグの影響で
オフラインとの体感威力が大きく異なり
一撃で敵を倒すことはほとんど出来ないが
発砲した後に即座に打撃を加えることで殺傷率が大幅に上がる。
更に、リロード中にも発砲する事が出来る
ショットガンならではの特長を活かすことで
キャンセルテクニックを有効に使うことが出来る。
他の武器の場合打撃の後にキャンセルを入れてしまうと
リロード、打撃、グレネードしか選択肢が無いのに対して
ショットガンは発砲するという選択肢が残ることになる。
コマンドとしては右トリガー、B、X、右トリガーを
一定のテンポで押すことによって
通常二度撃つ時間で更に打撃を一度加えることが出来
大きなダメージを与えることが出来る
キャンセルテクニックと最も相性の良い武器となっている。
これでも倒せなかった場合はラグのせいだと思ってあきらめよう。
■対処法
中距離以降ならSMGでも倒すことが出来る。
ショットガンを持っている敵を見つけた場合は
自分の武器に適切な近づき過ぎない距離を保ちながら戦うと良い。
しかしショットガンを持っているプレーヤーは
接近戦にならないとそれを持ち出さない事が多く。
更に待ち伏せなどをされた場合
接近戦の状態で戦闘に入ることは避けられない。
レーダーの僅かな動きを逃さないようにして
待ち伏せに出来るだけ気付くようにしたい。
マップのそこら中に落ちているグレネードを
温存する必要は無いので、怪しい場所には
予めグレネードを投げ込みながら
移動していくと良いかもしれない。
posted by 豚 at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 武器攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

ロケットランチャー

総弾数 4発
装填弾数 2発
最低必要弾数 1発

【武器解説】
恐らく最も人気のある武器。
HALO2の中で最も高い威力と効果範囲を誇る。
そのズバ抜けた攻撃力は一発で一人と言わず
うまくすると二人、三人をも同時に巻き込むことが出来る。
崩壊しかねないバランスを保つために多くのマイナス要素があり
一度に装填出来る弾数は2発。
初期弾数もたったの4発。
更にリロード時間が全武器中最長な上
弾速も実弾武器のなかで最も遅く
距離があれば発射された後に確認し避けることも出来る。
設置場所はどのマップを見てみても
他のプレーヤーの目に入りやすい
取得リスクの高い場所となっている。
それだけのリスクがあっても
設置してあるマップではこの武器の取り合いとなる。
今作から乗り物に対するロックオンが可能となっており
誰かが乗っている乗り物に照準を合わせ
Rトリガーを一秒ほど引きっぱなしにすると
ロックオンすることが出来
その後にトリガーを離すとその乗り物を
自動追尾する弾が発射される。

【メリット】
圧倒的攻撃力による近距離から中距離での優位性。
【デメリット】
弾数の少なさによる倒せなかった時の危険性。
最長時間を誇るリロード時間の無防備さ。

■使用法
装填されている弾数は常に最大の2発にしておきたい。
この武器を取るだけで、うまくすると1ライフ4キル以上は
出来ることになるので、ランブルに限らず
この武器が相手に渡ることは出来る限り避けたい。
そのために危なくなったら敵を狙うことを無視してでも
弾を使いきり、ロケットランチャーを消滅させたい。
なんなら拾った瞬間に二発無駄打ちして残りの二発は
すぐにでも使いきれる状態にしてもいい。
長距離を苦手とするので広すぎる場所の移動を避け
レーダーに注意して敵が弾を撃つ間も無く倒したい。
こうすることで出来る限り被弾を少なくし
スムーズに次の戦闘に移行することが理想。
狙いとして、相手に直接当てるのは難しいので
相手の近くの地面や壁などが望ましい。
下から上のプレーヤーを倒すことを何よりも苦手とし
坂を上る場合などは気をつけたい。
もし上にプレーヤーがいた場合は、地面を狙うのではなく
近くの壁を狙ってやると倒しやすい。
リロード時間を5割削減出来る短縮テクニック(参考記事)は
この武器に措いては必須なので習得しておきたい。

■対処法
明確な対処法はない。
しゃがみジャンプで最高地点に達した時でも
自分の真下に撃たれると爆風で一撃で倒される。
つまり相手の照準に依存する。
倒されて当たり前のロケットランチャーは
奇襲をするぐらいしか、こちらが生き残る手段はない。
交戦する時は、ある程度近ければ逃げることはあきらめ
ジャンプしながら近づくのが最も有効。
うまくいけば、相手の爆風もあって、同時死に持ち込める。
ある程度距離がある場合は、バトルライフルなどで
下がりながら相手の弾を見極めうまくかわしたい。
この時は背後の壁に近づき過ぎないようにしたい。
上からの攻撃は何より有効で
近くに壁がなければ、ジャンプしながら近づくことで
相手はこちらの体に当てるしか対処出来なくなり倒しやすい。

【知って嬉しい?無駄知識】
実は実弾武器で最も射程の長い武器。
ロケットランチャーの弾は何に当たらずとも28秒で自爆する。
posted by 豚 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 武器攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月02日

ビームライフル

総弾数 18発
装填弾数 18発
最低必要弾数 1発
■武器解説
HALO2から登場したコブナント版スナイパーライフル。
故に5倍10倍スコープの他威力も全く同じとなっている。
違いはコブナント武器の特徴のリロードが必要ないことと
総弾数がスナイパーライフルより6発多いことだ。
更に連続4発撃てるスナイパーライフルに対して
こちらはリロードがない代わりに連続で撃つと
2発でオーバーヒートしてしまう。
一度オーバーヒートするとなかなか次が撃てないので
それを意識して連続では撃たないようにしたい。
性能がほぼ同じ武器としてスナイパーライフルがあるが
実弾だからと言ってビームライフルより
弾速が早いと言うことはなく、両者の弾速は変わらない。

【メリット】
遠ければ一方的に攻撃することが出来る
【デメリット】
オーバーヒートしやすい
弾数が少ない

■使用法
立ち位置としては敵が簡単に攻めてこれず見晴らしが良く
なおかつ近くに隠れることが出来る障害物のある場所が理想。
範囲の大きい体に2発入れて確実に倒すか
小さい頭に一発入れて倒すかは自分の腕と相談して決めるといい。
ダメージを受けることによってスコープが解除され
非常に狙いにくくなるので、相手を先に見つけることが重要。
一度照準を合わせてしまえば、右スティックから手を離し
左スティックで相手と同じ方向に移動し続けると
照準が離れないので狙いやすい。
一度体に当ててしまえばシールドははがれた状態となるので
サブ武器としてハンドガンやバトルライフルを携帯し
失敗した場合にそれらを使うことで弾数を節約出来る。

■対処法
発見されやすい場所を移動するときはスナイパーが
よく陣取るであろうポイントを確認し
別の対象に夢中になっているか、そこに居ないことを
確認しないかぎりは別の道を選ぼう。
バトルライフルかコブナントカービンが対処しやすく
ダメージを受けるとスコープが解除されるので
相手がノースコープの技術に長けてない限りは
先手を取り撃ち続けることで倒せる。

【知って嬉しい?無駄知識】
ビームライフルにもスナイパーライフルにも
他の武器と変わらず射程距離があり
それを超えると弾が届かない。
この距離は両者全く同じとなる。
posted by 豚 at 22:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 武器攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。