記事検索
 

2013年07月06日

テレビ事情

安藤美姫選手詮索されすぎ。だれの子でもいいでしょ。いろんな候補を予想して視聴者に連想ゲームさせる番組も、連想ゲームを楽しむ視聴者もどうかしてるぜ!

4Kテレビの販売が始まってる。2014年からは地上波も4Kの解像度に対応するんだって。実物をみてみると綺麗さに感動はするので次の需要に非常にいいと思う。今後の展開に期待したい。

ところで、テレビコンテンツについて、質の低下が嘆かれることが多いけど、個人的にはそうは思わないんだけどなぁ。とくにバラエティ番組の出演者のやり取りは、相当洗練されてると思う。ただ、過激な番組の放送がなくなってしまったのが残念かな。昔は北斗の拳も普通に放送されてたのにね。

ニュース番組の偏向報道については今に始まったことではない。それをゴミとして切り捨ててしまってもいいし、テレビ局の意向を考えながら、必要な情報を取り捨て選択しながら見てもいい。大切なのはテレビ番組は正しいことを報道しているのではなく、テレビ局としての意見を報道しているという視点で視ることで、その上で自分の常識と戦わせながら視ることだと思う。テレビ離れの根本的な問題は、テレビがたくさんあるコンテンツの一つに成り下がってしまったことが原因だからどうしようもない。
posted by 豚 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。