記事検索
 

2013年07月01日

XBOX ONEをブレさせる中古市場について

6C7512049-new-image-consoles.blocks_desktop_large.jpg
XBOX ONEが常時オンライン接続必須のシステムを撤回した。それと同時にゲームの中古販売も解禁。あまりにも批判が多かったのと、この仕様ではライバル機であるPS4に勝ち目なしと判断したためだろうね。そらそうでしょ。中古ゲームによる売上本数の負担をユーザーに押し付けんなと。自分たちで解決しろ。こんなシステムにユーザーがついていくかよ。

マイクロソフトの最大の失敗はユーザーに明確なメリットを示せなかったところ。つまりはゲームソフトの値段ね。中古販売禁止にする代わりに安くするよって言えばいい。でもそんなこと言えるわけない。だって中古販売禁止にすることで売り上げが伸びる保証がどこにもないんだから。逆にユーザーが離れて売り上げが落ちる可能性だってある。つまりはユーザーに不便を強いるだけの糞システムだったということ。それでゲーム業界の寿命が縮まる?そんなものは新品を買わないことで意思表示したユーザーの選択の結果でしかない。なるべくしてなるものは変えられんだろ。

そもそも中古があるから新品買わないという声にフォーカスしすぎ。中古販売できるから新品を買うという人だって大勢いる。だから中古市場が存在する。中古販売して金銭的負担を減らせるから発売日に気軽に新品を買えるという事実から目を逸らしてはいけない。

しかしながら、メーカーの手を離れたところでゲームが売買されて、その利益が一切メーカーに入らないというのは確かにいただけない。カラオケのように、一曲歌われるたびに権利者にお金が払われるシステムにすべき。これはユーザーではなく、メーカーと小売りが話し合って解決しなければならないところ。とはいえ現状枠組みを作り上げたとしても、違反者に対してペナルティを与える手段もなければ、監視する手段もないので非常に難しい。税金と同じような仕組みを作り上げて、法制化するしかないんじゃないかと思う。頑張れメーカー。
posted by 豚 at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/368009691

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。