記事検索
 

2013年06月23日

ラストオブアス途中経過

ラストオブアス超面白い。
これだけ期待された超大作で、きっちり期待を上回る出来栄えで世に送り出すなんてすごい。そろそろ後半に差し掛かるんじゃないかというところまで来たと思うんだけど、アドベンチャーゲームにしてはボリュームが多い。事前のインタビューで、アンチャーテッドシリーズのどの作品よりも長いシナリオとは聞いてたんだけど、この密度、このクオリティで、これだけたっぷり楽しませてくれるのはすごい。

世界観はハーフライフというより、映画でいうところのザ・ロードであったりザ・ウォーカーと28日後を合わせたよう感じ。というかそのまんま。ゾンビウィルスで世界が秩序を失い、ゾンビウィルスのせいで人々が秩序を失っていて、中盤以降は人対人の戦いにゾンビ戦を挟む形になった。

どこかの映画でみたことあるようなイベントシーンを映画さながらのクオリティーで実演してくれる。そのイベントシーンも長すぎず短すぎず、内容もシリアスで惹きつけられる。それでいてゲームもきっちりさせてくれる。アドベンチャーゲームにとってグラフィックの向上による恩恵がこれだけのものになるとは思わなかった。昼間の映像が見とれるほどすごい。ゾンビゲーなので、地下鉄や下水などの、暗いシチュエーションも多いのだけど、それとは対照的に、田舎の住宅街であったり、森、川をぶっこんでくる。荒廃した世界という設定が設定なので、いくらでも大自然をぶっこめるんだけど、これだけ展開に富んでいると本当に止め時を失う。次のエリアが見たい。次の展開がみたい。そのくせ戦闘まで面白い。アドベンチャーゲームとして、このゲームは驚異的な前例であり、新たな基準になる。PS3とセットで買っても約3万円。これは間違いなくお買い得。

あとは画面が見せる作りになってるのがまたにくい。とにかくカメラがこれでもかとアップになるのに、ゲームプレイにストレスを感じない。これについてはまた後日。
まだクリアしてないけど、今の段階で十分満足してしまった。これ以上楽しめるなんて恐ろしい。
posted by 豚 at 04:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/367247269

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。