記事検索
 

2013年06月18日

アンドロイド端末の電池節約方法

アンドロイド携帯大好きな私が個人的におすすめのアプリを紹介してみる。というより正しくは私が普段常用してるアプリを紹介してみる。ゲームとか生活アプリとかは全く入れないので、どれもアンドロイドを購入したらまず入れて貰いたいアプリです。

なにより多くの人が悩まされているであろう電池問題対策アプリを上からおすすめ順に。

■Battery Mix
自分の端末の電池の消費をグラフ表示してくれる他、各アプリのバッテリー使用状況をリアルタイムに表示してくれる。まず最初にこのアプリをインストールして、どのアプリが電池を消費しているのかを確認する。そのアプリが不要なものであればアンインストールして、必要な物であれば、更新頻度を出来る限り下げることで電池消費を抑える。

■Automatic Task Killer
画面OFFするたびに指定したアプリを自動で終了させてくれるアプリ。アンドロイドはマルチタスクを完全にサポートしているので、一度起動したアプリは終了させない限り常駐する。常駐するということは少なからず電池を消費し続けるので、これを消すことで電池消費を抑える。注意点として、LINEであったりメールであったり、画面OFF時も起動しておかないといけないアプリは終了除外リストに入れておかないと、正常に機能しなくなる。
そのほかの注意点として、アンドロイド端末には終了させても終了させても自動で起動して常駐するゾンビアプリがいくつかある。そういったアプリを自動終了すると、端末が勝手に起動を繰り返し、電池消費が増える結果になるので、自動起動するアプリは除外リストに入れるといい。自動起動するアプリの特定はAdvanced Task Killerをインストールして、一度すべてのアプリを終了し、そのまましばらく放置したあと、現在の起動中アプリ一覧に移動することで確認できる。

■Android Assistant
上で紹介したAutomatic Task Killerと同じようなものだけど、起動時にシステムファイルも含め、終了できるアプリをすべて終了させることができるアプリ。Automatic Task Killerがあれば必要ない気はするけど、あっちはシステム関連はリストにないので、念のため使ってる。効果は未知数。

最後におすすめしたいのはLTE(Xi、4Gも同義)のオフ。これは一番効果あると思う。現在最新の端末の多くはLTEと3Gの電波両方を送受信している。将来的にはすべてLTEに移行するらしいけど、まだまだエリアが狭いので3Gも併存せざるを得ないという社会事情は置いといて、実際のところ3Gでもユーチューブが特に止まることはないので、気にせず切っちゃってください。3Gだとユーチューブ止まっちゃうよーっていう糞田舎住まいの人は引っ越しを考えてほしいところだけど、実は糞田舎だとLTEも来てないにも関わらず、端末は必死にLTEの電波探すことになるから、より効果あります。切り方は端末によって違うので自分で調べてね。

明日はアンドロイドを使う上での便利アプリ紹介します。
posted by 豚 at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。