記事検索
 

2010年10月20日

そろそろ名前覚えたいけどバトルライフルの話

HALOは中毒性ある。はじめは二丁拳銃がないのと、武器が違いすぎるので違和感がすごかったけど、それを乗り越えるとずっとプレイできるようになる。一種の脳内麻薬のようなものが出てるんじゃないかと思う。

それはどうでもいいとして、特にバトルライフルの撃ち合いが面白い。今回レイティクルが導入されて、乱発するほどに命中率が下がる。更に単発であるために適当に撃っていると全く当たらない。友人が言うには、出来る限り連射するよりは、少しテンポを遅らせたほうがあたるということだったけど、確かにそうだと思う。今回特に指摘したいのは、意外なほどにバトルライフルは当たっていないということ。お互いに。それを認識してから対策することでずいぶんバトルライフルで勝てるようになった気がする。

2の時と変わっていなければ、シールド状態では体の部位によるダメージの変化は無い。今回の当たりにくいバトルライフルでずっと頭を狙うのは非常に効率が悪い。まずは体を狙う。これが勝敗に大きく影響する。中距離で頭は思ってる以上に当たらない。体を狙ってシールドが剥がれたのを確認した後に頭を狙う。その時になるべくエイミングを拡大して命中率を高めたい。これは考えるんじゃない、感じるんだ、の次元なので体に叩き込む。もう無理そうならそのまま体に三発ぶち込んでもいい。それくらい今回のバトルライフルはあたらない気がする。今回の単発バトルライフルは三連発のバトルライフルってあんなに強かったんだと認識させてくれる武器だった。ヘッドショットの難易度が違いすぎる。

Reachはソードやスナイパー含め、全体的に弱体化した割に、ロケランとショットガンの強さだけは健在で飛びぬけてる。この辺をいかにコントロールするかが勝敗に大きく影響するように感じる。
posted by 豚 at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | HALOリーチ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。