記事検索
 

2010年09月02日

ARCADEMAX レビュー

しばらく使用したので、最後にアーケードマックスの詳細な感想を。ゲームセンターの鉄拳6との比較になります。

まずなによりも大切なスティックはすばらしい調整ではないかと思う。軽すぎず重すぎず。連続入力やステップも問題なく入力できる。スティックを回すと特有のカチカチという心地よい可動音を鳴らし、それはゲームセンターよりコマンド入力がしやすいのではないかとすら感じるほどのでき。
ボタンは押し心地が心なしか足りない。ボタンの可動域が浅いのか、軽すぎるのか。これは慣れれば問題ないものだけど初期は違和感を感じる人も多いのではないか。そしてもう一点。これは個人的なことで、コントローラーを置く位置にも大きく関係するのだとは思うが、鉄拳の投げコマンドがどうしてもパンチになってしまう。具体的には、上下ボタンの同時入力がどうしてもうまくいかなかった。私は上下同時入力は人差し指の第一関節と第二間接で同時押しするのだけど、その精度があまりにも低くなってしまったため、上下同時入力はRBとLBボタンに登録することで代用した。この点は個人のボタン入力の方法や、置き場所などに大きく影響するので各自工夫してほしい。

質感に関して、塗装が少し甘い。とくになにか思い入れのあるキャラクターや、格好いいデザインというわけではなく、シンプルに黒なので、剥げる事は気にならないことが救いか。重量や材質、剛健性は申し分なく、プレイを理由に潰れる心配はないと思える丈夫さがプレイする手を通じて伝わる。

総評として、XBOX360、PS3、PCで使えるアーケードスティックでありながら7000円でお釣りがくる価格ならばマイナス面がまったく気にならない出来だろう。唯一XBOX360用のマイク入力端子がないことだけが残念ではあるが、そこは格闘ゲームをプレイするという性質上の配慮と受け止めてもいいのではないか。という言い訳。十字キーを改善したXOX360の新型コントローラーが話題になっているが、6000円だしてそれを格闘ゲームのために買うのであればこちらを選ぶべきだろう。十字キーなんて格闘ゲーム以外で使わないのだから。

posted by 豚 at 02:38| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー・感想等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161268648

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。