記事検索
 

2006年04月02日

適度にリハビリ中

喝を入れてもらったというか、とにかくランブルの動画を
公開すべく最も射撃の精密さを要求されるであろう
チームハードコアでリハビリ中。

私には敵を発見したら取り合えず射撃してしまう癖がある。
いやまぁ敵を発見したらすぐに射撃を開始するのは
五分の条件ならば先に打ち始めた方が勝つFPSでは
基本的なことで、この反射が早ければ早いほど
優位に立てるのだけど例外はある。
その最たる例がグレネードなわけだけども、もう一つ。
バトルライフルに限っては距離によって
即撃たない方が良かったりする。
というのは何度かここで申し上げております瞬殺コンボ。
説明するのは面倒くさいし折角キャプチャの環境があるのだから
とりあえず動画(参照)
結果。キャプチャーの方が遥かに面倒臭かった。

さて3時からプレイし始めて、録画完了が4時。
で、編集作業に2時間。
もうほんと馬鹿。
二つの動画の部分部分を一つにするのは初めてだったので
予想外にてこずって今現在朝の5時52分。
書き終わるのは何分かなとか考えると気が重い。

さて動画解説。
マイクユニットは外して外人の声を生でお届け。
といってもほとんど入ってないけれど。
昔ここで書いておきながら実はこのテク
普段は一切使ってなかったのでとてもおぼつかない。
試合中成績は無視してこのテクの実行を最優先にプレイしてみた。
テク実行の瞬間は4度。
画面はめまぐるしく切り替わるけども
何とかついていってやってください。
一度目は横に滑らしたら偶然頭に入ってくれた。
一度に三発発射するのでとりあえず頭の高さにおいておくと
後は適当にやっても当たってくれるのは
バトルライフルの良いところ。
二度目も少しがむしゃら。
一度目と同じで照準を合わせるのに少し時間が掛かってて
このテクの意味があるのかどうか少し疑問。
三度目は理想系。
二人とも下がるだけで照準を一切いじらないで済んだので
最短で相手を倒すことが出来てる。と思う。
それでも二度撃ってしまうのは慣れてないからかラグのせいか。
4度目は失敗の瞬間。
この少し前に遠くの敵に発砲してしまって
そのまま緊張状態だったのでリロードを忘れてた。
失敗すると無残にもこうなる。
こういう場合はもう連打テクに持ち込むしかないね。
ボールを持ってた外人さんが味方を見限って
落ちていく時の声が面白い。
というか見限るの早いよ……。

はいこんな感じ。
他にもFF12がmk2で意外に評価が低くて
逆に興味を持ったさグダグダと書くつもりだったけど
時間が時間なんでパス。
posted by 豚 at 06:07| Comment(5) | TrackBack(0) | HALO2日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
長時間作業おつかれさまです!
あー、とても参考になります。
わかりやすかったです。
楽しみにしてます!
Posted by ジム at 2006年04月02日 15:31
と言いますか、期待通りと言いますか、やはりまだエリート使ってたんですね。
強さを追求していくなかでエリートを外さないのは、ある意味畏怖の念すら覚えます。
自分はハンドガンが強かった頃に既に挫折ですよ。

殴りキャンセルヘッドショット、出来れば強いんでしょうけどね・・・。
近距離戦になった場合、殴りでかち合ったら必ず負ける上に、殴りが空振り三振してまうことすらありますよ。
Posted by b.a at 2006年04月02日 21:48
長時間といっても次からの作業が楽になると思えば。
そんなにつらくは。ない。かも。
分かりやすかったといってもらえると本望です。
攻略やってるときはキャプ環境欲しい欲しいと
どんなに思ったことか。

エリートはもう意地です。
叩いた連中への憎しみもこめて使い続けてます。
というのは4割冗談で今はほぼ愛着で使い続けてます。
ハンドガンが強かったころは挫折する以前に強さに絶望する程
突き詰めてはやっていなかったというのがほんとのところ。

殴りキャンセルヘッドショットは今回意識して使ってみて
その強さを実感したのでとてもお勧めします。
私も積極的に狙っていく予定。
接近戦での殴りはそれまでの過程で
既に勝負が付いてしまってる感じなので
気にしないほうが良いかもしれません。

いっそ殴りの空振りは操作性のせいにしてしまいましょう(笑)
まぁそんなことしてるとコントローラーが
何個在っても足りなくなりますが
現状は親指を右スティックから離して視点を犠牲にするか
設定を変えて操作性を犠牲にするか選ばないとだめですからね。
視点を犠牲にするということは建て直しが困難で
当たらなかったときのリスクが非常に大きいですし。
Rをもう一つよこせと声高に。
その点で360のコントローラーとHALO3には期待してます。
Posted by 豚 at 2006年04月03日 04:25
はじめまして。
3度目の理想系はうまくきまっていて見ていて綺麗ですね。
自分も近頃これの練習をしていたので参考になりました。
ありがとうございます。
Posted by sabrina at 2006年04月04日 00:44
どうも初めまして。
参考に成ったと言うのは最高の褒め言葉です。
ただこのテクニック接近するということは
よっぽどでもない限り相手からも一発貰ってしまうわけで
その後にいかに正確に相手の頭を狙えるかが勝負だったり。
と最近気付きました。
先に打たれ始めると一発逆転として使えますが
こちらが発見した場合は無理に使わなくても良いかなとか。
ちなみに知ってるかもしれませんけど
止まって殴ると一度の三発を全部。
走って殴ると一度の三発の内の一発で。
と前者は一度の発砲で倒すにはとても難易度が高く
後者は動画の一度目の様に
完璧なエイミングでなくとも倒せるので
出来る限り走って殴ることを心がけると良いかもしれません。
Posted by 豚 at 2006年04月07日 04:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。