記事検索
 

2015年11月05日

マッドマックス 怒りのデスロード ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆

maxresdefault.jpg

【タイトル】
マッドマックス 怒りのデスロード

【監督】
ジョージ・ミラー〔製作・豪〕
【キャスト】
トム・ハーディ〔男優〕(男優)
シャーリーズ・セロン(女優)
ニコラス・ホルト(男優)
ヒュー・キース=バーン(男優)
ジョシュ・ヘルマン(男優)
ネイサン・ジョーンズ[男優・1969年生](男優)
ゾーイ・クラヴィッツ(女優)
ロージー・ハンティントン=ホワイトリー(女優)
ライリー・キーオ(女優)
アビー・リー(女優)
コートニー・イートン(女優)
ジョン・ハワード〔1952年生〕(男優)
リチャード・ノートン〔1950生〕(男優)
【脚本】
ジョージ・ミラー〔製作・豪〕
【グロ】
なし
【エロ】
なし

【レビュー】
北斗の拳を生み出したマッドマックスのリメイク。もう全てが圧倒的。改造車、爆発、炎、そして次々と登場する独特の文化。バックグラウンドの説明やセリフも少なければストーリーもほとんどない。それをもってなお見るものを魅せ続ける圧巻の勢い。センスで押し切られた。すごい。1秒たりとも退屈しない2時間10分だった。

posted by 豚 at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画レビュー☆9 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

96時間 ☆☆☆☆☆ ☆☆☆

36cc6bec.jpg


【タイトル】
96時間


【監督】
ピエール・モレル〔撮影〕

【キャスト】
リーアム・ニーソン(男優)
マギー・グレイス(女優)
ファムケ・ヤンセン(女優)
リーランド・オーサー(男優)
ホリー・ヴァランス(女優)
ケイティ・キャシディ(女優)
ジェラール・ワトキンス(男優)
ザンダー・バークレイ(男優)

【脚本】
リュック・ベッソン
ロバート・マーク・ケイメン

【グロ】
不快感の少ない拷問シーンあり

【エロ】
売春婦は登場するが直接的な描写なし

【レビュー】
娘を助けるべく奔走する元凄腕スパイの話。リーアムニーソンがアクション映画で人気がでるきっかけになった映画。初期の誘拐犯との会話など、印象に残るシーンが多い。友人からもらった警察の名刺ひとつで悪徳警官を演じ、敵のアジトに乗り込むシーンの緊張感は見事。この映画の拷問シーンほど爽快に見れるものは珍しい。


posted by 豚 at 03:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画レビュー☆8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

テレビ事情

安藤美姫選手詮索されすぎ。だれの子でもいいでしょ。いろんな候補を予想して視聴者に連想ゲームさせる番組も、連想ゲームを楽しむ視聴者もどうかしてるぜ!

4Kテレビの販売が始まってる。2014年からは地上波も4Kの解像度に対応するんだって。実物をみてみると綺麗さに感動はするので次の需要に非常にいいと思う。今後の展開に期待したい。

ところで、テレビコンテンツについて、質の低下が嘆かれることが多いけど、個人的にはそうは思わないんだけどなぁ。とくにバラエティ番組の出演者のやり取りは、相当洗練されてると思う。ただ、過激な番組の放送がなくなってしまったのが残念かな。昔は北斗の拳も普通に放送されてたのにね。

ニュース番組の偏向報道については今に始まったことではない。それをゴミとして切り捨ててしまってもいいし、テレビ局の意向を考えながら、必要な情報を取り捨て選択しながら見てもいい。大切なのはテレビ番組は正しいことを報道しているのではなく、テレビ局としての意見を報道しているという視点で視ることで、その上で自分の常識と戦わせながら視ることだと思う。テレビ離れの根本的な問題は、テレビがたくさんあるコンテンツの一つに成り下がってしまったことが原因だからどうしようもない。
posted by 豚 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。